Varioroof

/media/technologies/vario_roof/intro_module/de/image_2.jpg
/media/technologies/vario_roof/intro_module/de/image_1.jpg
3つの部分から構成されている油圧制御の折りたたみ式バリオルーフは、1年を通じてオープントップでのドライブを楽しめるようにします。なお、ルーフを開いたときに格納されたルーフに使用されるスペースは、トランク容量のわずか3分の1にすぎません。

3つの部分から構成されている折りたたみ式のバリオルーフは、ロードスターを1年を通じて運転を楽しめる全天候型のクルマに変身させるとともに、日常の足としての実用性とクーペなみの静粛性をもたらします。バリオルーフは、高度なピボット機構で相互に接続された、以下の3つの可動部分から構成されています。二重ケーシングのルーフ(アルミニウム製、ガラスルーフはオプション)、2本のCピラー(内側と外側にケーシングを装備)、ピボット式リアウインドウ(単板安全ガラス)。
電子制御の11本の油圧シリンダーと1台の油圧ポンプで格納システムを駆動し、開閉時間はわずか16秒です。

ルーフを開いたときのトランク容量は235リットル。ルーフを閉じた状態では317リットルですから、ルーフを開いたときでもわずか3分の1ほどの減少にとどまっています。さらに、ラゲッジカバーを取り外すことで、容量は339リットルまで拡大します。 EASY-PACKはトランク内にルーフを格納しているときに、荷物の積み下ろしを容易にするものです。スイッチを押すことにより、格納されているバリオルーフが20°上方に回転し、その下にある荷物の積み下ろしを容易にします。

※上記は全てSLクラスに関する記述です。
1

搭載モデル

関連事項