Torque Vectoring Brake

/media/technologies/torque_vectoring_brake/intro_module/de/image_2.jpg
/media/technologies/torque_vectoring_brake/intro_module/de/image_1.jpg
コーナリング時、アンダーステアになるおそれをESP®が検知するとカーブ内側の後輪にブレーキを効かせ、正確な走行ラインを維持させようとします。

トルクベクトリングブレーキは、コーナリング時に危険な状態に陥った場合に車両安全性を高める機能です。コーナリング時にESP®(メルセデス・ベンツ乗用車全モデルに標準装備)のセンサーがアンダーステアを検知すると、カーブ内側の後輪にブレーキを効かせることで、車体の垂直軸回転方向に緩やかな回転力を発生させます。より正確で安定したコーナリングを実現することに加えて、このようにアンダーステアとなるおそれを軽減することでアクティブセーフティをいっそう向上させます。
1

搭載モデル

関連事項