Rain sensor

/media/technologies/rain_sensor/intro_module/de/image_2.jpg
/media/technologies/rain_sensor/intro_module/de/image_1.jpg
レインセンサーは、フロントウインドウに当たる雨滴を検知し、走行速度も考慮してワイパーの動作内容を自動的に調整します。

高度な機能を持つレインセンサーには、以下の5つのメリットがあります。

1. ドライバーが操作することなく、フロントウインドウのワイパーを自動的に調整します。

2. 電子装置によるワイパー作動により、つねに最適な視界が確保されます。

3. フロントウインドウが乾いた状態でのワイパー作動が防止されます。

4. 夜間における人間の目の感度を考慮に入れたワイパーの調整が行われます。

5. 走行速度に応じてもワイパーの作動内容が調整されます。たとえば走行速度が高くなると、ワイパーの作動速度が速くなります。

レインセンサーの制御装置は、ワイパーの間欠作動を制御する装置と接続されており、最新の赤外線技術を利用しています。2個のLEDから目に見えない赤外線が照射され、ルームミラーの高さでフロントウインドウのモニターを行います。赤外線の反射具合は、降雨量やウインドウの濡れ具合によって変化します。

センサーはその変化を検知し、ワイパーの作動内容を的確に調整します。雨が強くなると、ワイパーを間欠作動から連続作動に切り替えるとともに作動回数を段階的に増加させます。そして雨脚が弱まると、再度作動回数を減少させます。
1

搭載モデル

関連事項