NGT

/media/technologies/ngt/intro_module/de/image_2.jpg
/media/technologies/ngt/intro_module/de/image_1.jpg
NGTとはNatural Gas Technology(天然ガス技術)の略で、低燃費・低排出ガスの天然ガスと無鉛プレミアムガソリンを切り替えながら走行できるBlueEFFICIENCYモデルを指します。

NGTとはNatural Gas Technology(天然ガス技術)の略で、メルセデス・ベンツのBlueEFFICIENCYモデルのうち、天然ガスと無鉛プレミアムガソリンのバイフューエル走行に対応したものを表す名称です。燃料の切り替えはスイッチを操作するだけ。あとは電子制御装置がショックのないスムーズな切り替えを実現します。メルセデス・ベンツ製エンジンのすぐれた出力とトルク特性は、天然ガスモードでも変わりません。天然ガスを燃料とする車両は、燃費とCO2排出量の削減を目指す、ダイムラーの包括的で持続可能モビリティコンセプトの重要な一部となっています。天然ガスモード走行時のCO2排出量はガソリン走行時に比べて平均で20%以上も少なくなります。天然ガスは環境にやさしいだけでなく、経済面でもメリットがあります。つまり、天然ガスによるエネルギー消費量をガソリンに換算すると、走行1km当たりの燃料価格はガソリン走行に比べて約50%も低く抑えることができるのです。
1

搭載モデル

関連事項