統合安全コンセプト

/media/technologies/integral_safety_concept/intro_module/de/image_2.jpg
/media/technologies/integral_safety_concept/intro_module/de/image_1.jpg
統合安全コンセプトは、安全運転をもたらし、危険な状況で支援を行い、事故の影響の軽減を図る、疲労軽減、警告および保護システムから構成されています。

メルセデス・ベンツの統合安全コンセプトは、メルセデス・ベンツの乗用車に安全性をもたらす、疲労軽減、警告および保護システムから構成されます。 「安全運転」: 危険な状況へのドライバーの対処を補助する、あるいは疲労軽減機能によりドライバーの健康状態を良好に保つシステムや対策。これには、ESP®(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)、BASプラス(ブレーキアシスト・プラス)、ディストロニック・プラス、インテリジェントライトシステムのほか、ナイトビューアシストプラス、レーンキーピングアシスト、アテンションアシスト、アダプティブハイビームアシストなどの最新の支援システムが含まれます。 「危険が差し迫った場合」: 危険な状況で乗員を保護する予備的機能を起動するシステム。最新世代PRE-SAFE®、効果の高いPRE-SAFE®ブレーキなどが含まれます。 「事故時」: 事故の状況に応じて乗員を保護するシステムが起動します。最も重要なのは、効果的な乗員拘束システム、強固なキャビンを備えたインテリジェント設計ボディです。衝突感応型NECK PRO(ネックプロ)アクティブヘッドレストも、通常のシートベルトやSRSエアバッグとともに起動します。 「事故後」: 事故に遭った人をいち早く発見し、より重大な結果が生じるのを防ぐための救助活動を支援する対策。モデルやモデルシリーズによって異なりますが、燃料供給停止機能やドアロック自動解除機能などが含まれます。
1

搭載モデル

関連事項