Cornering light

/media/technologies/cornering_light/intro_module/de/image_2.jpg
/media/technologies/cornering_light/intro_module/de/image_1.jpg
40km/h以下の速度でヘッドライトを点灯して走行しているとき、ウインカーを作動させたり、ステアリングをまわすことにより進行方向内側のコーナリングライトを点灯させます。これにより、車両前方側方の最大30m、最大角度65°の範囲が照射されることになります。

コーナリングライトは、夜間に照明の少ない交差点を曲がるときなどでの視認性を大きく向上させます。コーナリングライトは、40km/h以下の速度でヘッドライトを点灯して走行しているときに、ウインカーを作動させるか、あるいはステアリングをまわした場合に自動的に作動します。フォグランプまたはコーナリングライトを点灯させることにより、車両前方側方を最大30m、最大角度65°の範囲の照射を行います。この照射範囲はヘッドライトのみの場合よりかなり広範囲にわたるため、通常なら見過ごしてしまう進行方向のさまざまな範囲を視認することができるようになります。

1

搭載モデル

関連事項