Bi-xenon headlamps

/media/technologies/bi_xenon_headlamps/intro_module/de/image_2.jpg
/media/technologies/bi_xenon_headlamps/intro_module/de/image_1.jpg
バイキセノンヘッドライトは、強力な照射により夜間走行の視認性を大きく向上させるとともに、道路脇をより明るく広い範囲にわたって照らします。

バイキセノンヘッドライトは、ロービームでは道路脇をより明るく広い範囲にわたって照らす一方、ハイビームでは照射距離がより長くなります。 通常のH7バルブと比較すると、バイキセノンヘッドライトが照らす範囲はロービームで87%、ハイビームでは180%も広くなります。これにより視認性が改善され、夜間走行の安全性が大きく向上します。さらに、コーナリングライト機能により40km/h以下の速度で急なカーブに進入した際にカーブ内側をコーナリングライトを点灯することで、道路をより明るく照らします。 「バイキセノン」とは、ロービームとハイビームで同じ光源を使用することを意味しています。 ハイビームでは、ハロゲンスポットライトで強化した光源全体を照射し、前方の照射距離を伸ばすとともに、パッシングライト機能も持ち併せています。ロービームに切り替えたときは、光源にシャッターが挿入され、光の一部を遮断します。通常のハロゲン球のロービームに比べて照射範囲がはるかに広くなるため、道路脇にある障害物をいち早く発見できます。 配光はセンサーによって制御され、ブレーキング時や加速時、荷物積載時に生じる車体姿勢の変化に応じて自動的に補正されます。これにより、強力なバイキセノンヘッドライトによって対向車のドライバーに眩しさを感じさせることがほとんどなくなります。
1

搭載モデル

関連事項