Mercedes-Benz Intelligent Drive

ATTENTION ASSIST

/media/technologies/attention_assist/intro_module/de/image_2.jpg
/media/technologies/attention_assist/intro_module/de/image_1.jpg
アテンションアシストは、個々のドライバーのプロファイルを作成して70個以上の項目について監視。ドライバーの集中力が落ち始めるとこれを検出し、休憩を取るよう促します。
休憩を取らずに長距離を走ると疲れが出やすくなるだけでなく、過労となっても気づきにくくなります。研究の結果、高速道路の重大交通事故のうち、ドライバーが休憩を取らず眠気を催したことが原因で発生したケースが約4分の1を占めていることが明らかになっています。これまで550人以上の男女ドライバーを対象に行ったテストの結果、疲労に気づくのが遅れる人が多いことが分かりました。疲労は通常長い時間をかけて蓄積するもので、明確な症状が突如として現れることはまれです。ドライバーの知覚能力や反応する力は時間とともに低下していくので、疲労の初期段階でも適切に反応できなくなるケースがしばしば発生します。 メルセデス・ベンツのアテンションアシストは、事故防止に大きな役割を果たします。単調な郊外道路や高速道路で、速度80~180km/hで機能。多くの項目を測定することで、十分に覚醒した状態から疲労状態へのゆるやかな変化を捉えます。
1

Movie

Close

技術概要

/media/technologies/attention_assist/additional_information_module/de/image_1.jpg

Changes may have been made since these images and films were produced.

休憩のない長距離ドライブは疲労がたまり、時としてドライバーはその疲労に気づきません。

研究の結果、高速道路の重大交通事故のうち、ドライバーが休憩を取らず眠気を催したことが原因で発生したケースが約4分の1を占めていることが明らかになっています。これまで550人以上の男女ドライバーを対象に行ったテストの結果、疲労に気づくのが遅れる人が多いことが分かりました。疲労は通常長い時間をかけて蓄積するもので、明確な症状が突如として現れることはまれです。ドライバーの知覚能力や反応する力は時間とともに低下していくので、疲労の初期段階でも適切に反応できなくなるケースがしばしば発生します。

 

メルセデス・ベンツのアテンションアシストは、事故の発生を防止するうえで重要な役割を果たします。システムは、単調な郊外の道路や高速道路において時速80kmから180kmの間で作動し、数多くのデータを分析することによって、ドライバーの集中力低下と疲労蓄積のモニターを行います。

 

1

搭載モデル

関連事項