Mercedes-Benz Intelligent Drive

アダプティブ・ハイビーム・アシスト

/media/technologies/adaptive_high_beam_assist/intro_module/de/image_2.jpg
/media/technologies/adaptive_high_beam_assist/intro_module/de/image_1.jpg
アダプティブハイビームアシストは、道路状況に応じて、他のドライバーに眩しさを感じさせないように自車のヘッドライトの配光を調整します。

アダプティブハイビームアシストは、道路状況に応じて、他のドライバーに眩しさを感じさせないように自車のヘッドライトの配光を調整します。 これにより、あらゆる状況での自動的に最適なヘッドライトの配光が実現し、進行方向の状況や歩行者、危険箇所などをより早い段階で正確に把握できます。 これにより、夜間走行の安全性が向上します。
1

知能を持ったヘッドライト

Movie

Close

技術概要

/media/technologies/adaptive_high_beam_assist/additional_information_module/de/image_1.jpg

Changes may have been made since these images and films were produced.

アダプティブハイビームアシストは、ハイビームとロービームの切り替えのみを行う従来のシステムとは異なり、周囲の状況に合わせて最適にヘッドライトの配光を調整します。これにより、ロービームの照射範囲は約65mから300mに拡大します。しかも他のクルマのドライバーに眩しさを感じさせることがありません。

対向車や先行車を検出すると、その車間距離に応じてヘッドライトの照射範囲が制御され、ヘッドライトからの光が他の車両に届かないようにします。さらに、急カーブではステアリング角度に応じてヘッドライトをロービームに切り替えます。前方に車両がいなくなった場合は、無段階でハイビームに切り替わります。

アダプティブハイビームアシストについての実走行テストを実施した結果、夜間走行の安全性が向上することが分かりました。歩行者に見立てたダミーを路肩に置き、視認できる地点を調べた結果、対向車がある場合でも、従来のロービームより150mも短い約260m手前となることが分かりました。つまり、メルセデスのこの新型支援システムによって夜間走行の安全性が2倍以上に向上することになります。

さらに、ドライバーの負担も軽減されます。ステアリング脇のレバーによる切り替え操作が不要となるため、運転により集中することができるのです。アダプティブハイビームアシストを作動させておけば、つねに最適な照射範囲を確保してくれます。調査によると、現在のハイビーム使用率はわずか8%程度にとどまることが分かっていますが、アダプティブハイビームアシストはこの危険性を低減する助けになるのです。

1

搭載モデル

関連事項