4MATIC

/media/technologies/4matic/intro_module/de/image_2.jpg
/media/technologies/4matic/intro_module/de/image_1.jpg
フルタイム4輪駆動システム「4MATIC」は、一般道路においてもダイナミズムと快適性、安全性を高めます。また、軽量設計により通常駆動モデルからの重量増加もごくわずかにとどまっています。

Movie

Close

技術概要

/media/technologies/4matic/additional_information_module/de/image_1.jpg

Changes may have been made since these images and films were produced.

メルセデスの4MATICシステムは、プラネタリーギア式センターディファレンシャルを採用しており、一般的なディファレンシャルロックを装備していないことが大きな特長です。

ディファレンシャルロックを装備していない代わりに、グリップが不十分な車輪に対して個別にブレーキ作動を行い、トラクションを保っている車輪により多くのトラクションを伝えます。この自動的なブレーキ作動は、ディファレンシャルロック3個分に相当する効果を発揮します。
滑りやすい路面での発進時にトラクションを高め、危険な走行状況での安定性を高めるこの自動ブレーキ作動は、車輪の回転速度やステアリング角度、車両の荷重変化、横方向への加速度など、検知されたさまざまなデータをもとに行われます。
4MATICシステムの中核となっているのは、1速、または2速のギアを持つトランスファーケースです。開放型センターディファレンシャルを装備し、両アクスル間の回転速度を補正します。トランスファーケースはオートマチックトランスミッションに直接接続され、エンジン、トルクコンバーター、フロントアクスルギアとともに駆動装置を構成しています。

4輪駆動といえば、山間部での走行や大型SUVが連想されますが、乗用車においても、通常の路面においても、運動特性や快適性、安全性を向上させます。

 

1

搭載モデル

関連事項